不動産売却の手付金の仕訳について

不動産売却にあたって、買主である相手から手付金を預かることがあります。これは民法のなかでいうところの解約手付と呼ばれるものにあたり、買主となるべき人がなんらかの事情によって、契約を途中で断念するといった場合に、この手付金を放棄するかわりとして、契約をなかったことにできるというものです。いっぽう、売主の側についても、家売る代金が買主から振り込まれたり、不動産売却の対象物件を買主に引き渡すといった、実際に契約の内容が履行されるまでの間であれば、解約手付の金額の倍額を買主に支払うことによって、契約を解除することができるという効果ももっています。
たいていの場合、この手付金というのは、なにごともなければそのまま売却代金の一部として充当するという取り決めを売主、買主双方で合意するものですので、実際には売却代金の一部が先に支払われたものと解釈することも、事実上は可能です。そこで、不動産売却にあたって手付金を受け取ったときの仕訳については、前受金として処理をして、現金はたしかに受け取ったが、まだ引渡しが完了していないので売上としては計上しないというかたちにするのが一般的であるといえるでしょう。
しかし、前受金と同様の性格をもっているとはいっても、さらに契約の解約にもかかわるという複雑な性格をもっているところから、あえて前受金としてではなく、手付金という科目をわざわざ起こして仕訳をする場合もあります。これは一般的な企業が不動産売却をするときというよりも、不動産会社のように、ひんぱんに解約などの事態を想定しなければない企業での実例ということになります。

事業者カードローンとは?

事業者カードローンとは、個人事業主や法人者を対象としたカードローンのことです。
一般的なカードローンは多目的に利用できるメリットがありますが、事業には使えないものが多いです。
事業資金は一般消費には該当しないため、借りることができないのです。
多目的ローンの中にも用途不問のローンはありますが、大抵は事業資金には対応していません。

事業者カードローンの特徴は、総量規制の対象外になることでしょう。
年収の3分の1を超えて借りられますし、多目的のカードローン審査明確と同様に利用枠内で何度でも利用できます。
注意したいポイントは、一般的な消費には使えないローンが多いことです。
通常のカードローンとしても利用したいなら、消費にも使える事業者カードローンをおすすめします。
一般のカードローンの中にも事業融資に対応したものはありますが、この場合は総量規制の対象となるので注意しましょう。
事業資金を用途とする場合、ほとんどの金融機関は消費とはみなしませんが、一部の業者では消費とした扱うところもあります。
後者の場合は事業資金にも使える一般カードローンとして提供しています。

事業者カードローンの金利は、特に低いわけではありません。
借入額によって年率は変わりますが、上限は18.0%以下になっているのが普通です。
自動車ローンや住宅ローンと比べて金利が高いのは、担保を用意しなくても借りられるからです。
例えば、自動車ローンの場合だと自動車そのものが担保となります。

消費者金融で金を借りる申し込みをしたときの体験談

金を借りるときに求められることは、自分の収入と見合っている借り入れなのかということです。自分の収入と見合った借り入れなのであれば、返済の見込みがあるかもしれませんが、それ以外の借金であれば、する必要性が本当にあるのかを問うべきなのです。金の借り入れは絶対に金の返済を考えなくてはなりません。

 

金を借りるということは金を返済するということと一緒であり、そのために無理な借り入れをしてしまうと、その分、自分の借金は増えてしまいます。なので、借金をする時はちゃんと自分が返せる金額を借り入れるべきです。それは、借金だけでなく、ローンも一緒です。ローンの場合は何年もかけてお金を返していかなくてはいけないので、基本的にどれくらいの収入があって、自分で使えるお金がどれだけあって、のこりをローンの返済に回すとか、貯金に回すとかを考えるべきです。

 

また、クレジットカードで借金(キャッシング)するときもどれくらいの余裕があって、のこりどれだけの金額を返済すべきなのかを考えるべきです。まずは、どんな方法であったとしても借金は借金であることを自覚しなくてはなりません。分割の返済を考えるときよりも一括の返済を考えるべきですし、それに加えて、返済して残りの金額をどれだけ自分のためのお金にすることができるかを考えるべきです。つまりは借金をして、ちゃんと返せる人間になるためにはちゃんとした計画を立てられる人間にならなければなりません。
銀行でお金を借りる【2016年】おすすめ低金利カードローンはこちら

知って置きたい!消費者金融のトラブルを相談できる場所

消費者金融のトラブルを相談できる場所としては、まず、日本貸金業協会が挙げられます。これは、消費者金融会社やクレジット会社で構成される自主規制団体であり、つまりは、これらの問題に直接関与できる立場にあるということです。相談に対しては、専門の窓口が設けられており、無料で状況の改善に協力してくれます。そのため、消費者金融の問題に対しては、真っ先に利用を考えるべき場所であると言えるでしょう。

次に、日本弁護士連合会や日本司法書士会連合会に相談するという手段もあります。ただし、日本弁護士連合会であれば、相談自体に料金がかかりますし、日本司法書士会連合会の場合は、相談こそ無料ですが、扱える借金の額に制限があるなどの問題があります。また、日本司法支援センター(法テラス)や日本クレジットカウンセリング協会は無料で相談に乗ってくれますが、基本的に低所得者層向けの機関であり、収入などの面で制約があるため、注意が必要となります。

なお、このような問題の場合、最初に警察に相談することは、あまり勧められません。なぜならば、警察は実際の被害に対処する機関であり、被害が出ていない場合は、積極的に動くことができないためです。もちろん、消費者金融のトラブルによって身の危険を感じるような状況まで追い込まれれば、最優先で相談するべき機関となりますが、できれば、そうなる前に上記の機関に相談し、問題を解決しておきたいところです。

モビット在籍確認内容を教えて?電話確認はある?なし?はこちら

キャッシングとカードローンを上手に使い分けよう

キャッシングといえば、借り入れした金額を返済日に一括で返すもの、カードローンといえばリボルビングで返済していくもの、と定義されています。

しかしクレジットカードのキャッシングの返済方法ではリボルビング払いを採用しているものもありますし、金融会社のキャッシングでもリボルビング返済方式となっているものもたくさんあります。しかし金利などをしっかり比較することによって、借り入れの目的に合わせて賢くキャッシングやカードローンを使い分けることはできるでしょう。

リボルビング返済方式では、返済金額は一定となっており、その金額では元金と利息を払っていることになります。返済金額が一定であることから借り入れた側としては月々の負担が少なく、予定を立てやすいというメリットがある反面、返済期間が長期に渡ってしまうことになります。一括返済のキャッシングでは、すぐに返すことができますが一度に支払う金額は大きくなってしまいます。

一定期間であれば無利息のキャッシングなどもありますから、借り入れ金額と返済のめどを合わせてどちらを利用すればよいのかを検討してみましょう。たとえば、給料日直前ですぐに全額返済できるぐらいの金額を借り入れするのであれば、キャッシングのほうが利用しやすいといえるでしょう。一方、月々に決まったお金を少しずつ返す方法でないと返済が難しい、という場合であればカードローンの方が適しているということになります。カードローン 口コミ